代表メッセージ

「コト」を創造するフードビジネス企業へ――。

ファーストモアはわずか15席の小さなラーメン屋からスタートした会社です。私は21歳でラーメンの美味しさに惚れ込み、ラーメン屋で修行を重ね30歳で自分の店「長浜ラーメン 一番軒」をオープンしました。当時の私はただひたすら美味しいラーメンを追い求めており、念願の店をオープンしたもののわずか4ヶ月で店を閉め“ラーメンの修行に行きます”と張り紙を残し、博多へ向かうほどラーメンづくりに熱中していたのです。そして屋台のラーメン屋の大将に頼み込み、1年半無給で働きながらスープづくりを学ばせてもらいました。博多修行を経て再出発した店には多くのお客様が足を運んでくださり、テレビの情報番組でも取り上げられ、ありがたいことに常に行列ができる店として注目をいただくようになりました。
このように私は徹底して味にこだわるラーメン屋の大将でしたから、多店舗展開やFC展開には消極的な考えを持っていました。ですが、しっかりと仕組み化することで「一番軒」の魂を広く伝え、お客様や仲間の笑顔を増やしていくことができると思い、2009年に新業態の「一番舎」をオープンしました。そして2015年からは新たな挑戦として本格的に「一番軒」のFC展開をスタートし、現在はラーメン屋の枠を越えたフードビジネス企業として「ダンダダン酒場」のFC店舗も運営しています。
時代とともに人が欲するものは「モノ」から「コト」へ変化しつつあると感じています。ファーストモアが目指しているのは「モノ」ではなく「コト」を伝え、「コト」を売るフードビジネスです。ただ食をお届けするのではなく、その先に生まれるお客様の笑顔や会話、時間・空間を大切にしながら、ファーストモアならではの「コト」をつくりだしていきたいと思っています。今後はスイーツ、焼肉、テイクアウト専門店など豊かな発想力で新業態を立ち上げ、海外にも事業を展開していく考えです。たくさんのお客様に、たくさんの仲間に多彩な「コト」を届けていくために、ファーストモアは事業の柱を増やしながらさらなる発展を目指してまいります。